×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1月〜3月の間で、入居したり、退去したりと賃貸物件では動きが多くなります。ここでいいお部屋が空くかもしれません。しかも、受験生の皆さんは、合格発表と同時にお部屋探しをしなければなりませんね。そうなるといいお部屋はより早く見つけないと他の人に抑えられてしまうと思います。早くいいお部屋を検索ページで見つけて、不動産屋さんへ条件の確認や内覧などのご相談を早めにすることをお勧めいたします。
↓ ↓

賃貸検索
前ページ

検索する際にどのような条件にするか選択肢が色々あります。自分の希望を紙に書き出して、その中から絶対に外せないものを3つに絞りましょう。あまり欲張るとお部屋の選択肢がない場合があります。

また、親御さんのお力を必ずお借りしましょう。お部屋を借りる際に賃貸借契約を締結することや保証人を立てる必要があります。これらは親御さんの協力なしでは始まりません。このため、親御さんと仲たがいしている学生の皆さんは仲直りされることを望みます。

最後に契約が済み
いよいよ入居ですが、家具を入れる前にやることがあります。それはお部屋の写真を撮ることです。賃貸借契約での一番のトラブルは退去時の原状回復費用です。つまり言えば敷金の返金問題です。自分が作っていない傷や汚れをその費用に含まれてしまっては、困ります。このため、家具も何も入れていない状態を写真に収め、退去時に大家さんや管理会社と現状をつき合わせていくことで
ある程度のトラブルは回避できると思います。
新しい出会いはまずお部屋探しから
前ページ